MENU
WordPressでブログを始める方法を写真30枚付きで解説中 >>

『ヨナ抜き音階』がヒット曲の共通点!パプリカが覚えやすい理由

2019 12/27
『ヨナ抜き音階』がヒット曲の共通点!パプリカが覚えやすい理由

ヨナ抜き音階

初めて聞いた人も多いと思います。

今年2019年にヒットした米津玄師さんが作詞・作曲をした『パプリカ

パプリカが大ヒットしたのには驚くべき理由がありました。

もくじ

ヨナ抜き音階

画像ピアノの鍵盤と楽譜

この『ヨナ抜き音階』というのは、

ドレミの音階で4番目(ヨ)と7番目(ナ)を抜いた音階という意味

ドレミファソラド♪

4番目:ファ

7番目:

米津玄師さんが作曲した「パプリカ」という楽曲には、ファとシが使われていません。

とは言っても、パプリカは黒い鍵盤の音がほとんど…笑

意図的に覚えやすい楽曲にするために、パプリカをヨナ抜き音階にしたのかは米津さん本人にしか分かりませんが

今年「パプリカ」がヒットした理由は、このヨナ抜き音階にありました。




他の『ヨナ抜き』ヒット曲は?

 

画像お正月の鏡餅としめ縄

パプリカ以外にもヨナ抜き音階で作られた楽曲は他にもあります。

例えば、坂本九さんの『上を向いて歩こう

♪上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜…♪

これもヨナ抜き音階でできた曲。

 

年末年始によく聞く『お正月

♪もういくつ寝るとお正月 お正月には凧あげて こまをまわしてあそびましょう…♪

この耳馴染みのある曲も、ヨナ抜き音階で弾ける・歌えて、

「耳馴染みがある」ということは、誰でも簡単に覚えられて口ずさめるメロディーということです。

ヨナ抜き音階が日本人にヒットする理由

画像落ち葉の上に開かれた音楽の本

ヨナ抜き音階について、とあるニュース番組で取り上げられていましたが、

正確な理由については言及されていませんでした。

ピアノ教室を運営しているピアノの先生がインタビューに答えていましたが、

ヨナ抜き音階がヒットする理由は『日本人のDNAに訴えるから』

いまいち科学的な根拠とは言い難いですが(笑)

私たち日本人は、遺伝子レベルでヨナ抜き音階の楽曲を、

「覚えやすい」「歌いやすい」「口ずさみやすい」

と感じるようです。




ヒット曲を作るなら『ヨナ抜き音階』

画像破れた3種類の楽譜

「お正月」も「上を向いて歩こう」も「パプリカ」も日本人が親しみやすいと感じる

これらの曲がヨナ抜き音階で作られたメロディーだと分かりました。

これからシンガーソングライターや作曲家を目指して作曲するときには

4番目と7番目の音階:ファとシを抜いたメロディー(ヨナ抜き音階)にすれば

ヒットする曲になる可能性がグッと高まります。

ゆうのアイコン画像ゆう
私もヨナ抜き音階で作曲しようかな~♪

覚えやすい音階『ヨナ抜き』作曲でパプリカよりヒットを狙え!

やはりヒット曲や売れるものには、共通点があるんですね。

いつになるか分かりませんが、作詞に関するヒットの法則が分かったらお伝えします(笑)

作曲でメロディー作りに困ったら、とりあえずドレミソラ5音階で曲を作りましょ!

きっとヒットします♪

あわせて読みたい
ドラマ『アライブ』の主題歌を歌っているのは【第二の米津玄師】といわれる「須田景凪」
ドラマ『アライブ』の主題歌を歌っているのは【第二の米津玄師】といわれる「須田景凪」ドラマ『アライブ』の主題歌を聞いたときに、「誰がこの歌を歌ってるんだろう?いい声だなぁ」と思った人は私以外にもいると思います。それは約3か月ほど前に私が目を付...
あわせて読みたい
【ヨルヤン】オーディションのエントリー方法が超次世代!
【ヨルヤン】オーディションのエントリー方法が超次世代!ASAYAN以来15年ぶりとなる、テレビ東京とavexがタッグを組んで行われるオーディション番組『ヨルヤン』オーディションへのエントリー方法など、番組詳細が12月12日に発...
もくじ
閉じる